私は30代の自営業者です。仕事は商品の売買を中心にやっています。たまに売上が落ちる場合があります。生活に困ることはありませんが、買い物ができなくなります。そんなときはアコムでキャッシングします。キャッシングすると言っても、数万円を借りるだけです。消費者金融の利用は2年ほど前から利用しています。きっかけはクレジットカードの審査に落ちたからです。消費者金融の審査には通りました。今はクレジットカードのような感じで利用します。アコムは消費者金融ですから、審査がとても甘いです。私は自営業者ですが、収入が多いというわけではありません。一般的なサラリーマンと変わらないと思います。キャッシングはとても簡単にできますが、しっかり計画したほうが良いです。私は多くキャッシングしませんが、総量規制という法律もあります。総量規制という法律があるので、借入は年収の3分の1までです。私も注意して利用しています。
消費者金融はアコムがおすすめです。

最近、バンクイックで割りと大きな融資を受けてきてきました。
限度額目一杯の200万円です。
これは、かなり悩んだのですが、妻がどうしても海外旅行に行きたいというもので、申し込み代金として借り入れすることにしました。
バンクイックがスゴイと感じたところは、申し込み時にもらったバンクイックカードで200万円までならATMで借り入れすることができます。
なので、わざわざ銀行まで行ったりする必要はなく、コンビニでも200万円までなら借り入れすることができるみたいですよ。
そして旅行代理店に借り入れをした200万円と手持ちの現金を合わせたお金を支払い、これで旅行に行けることに決まり、本当に助かりました。
バンクイックを今回利用したのは初めではありませんが、こんなに大きなお金を借り入れしたのは初めてでした。
ATM操作だけでここまでのお金が出てくることに少し怖いと感じる部分もありますが、それでもバンクイックを利用していてよかったなあと感じています。

消費者金融系ローン会社のメリットとは?詳しくはhttp://srec22.com/をご覧下さい!

困ったときに助けられました。

はじめてキャッシングしたのは、社会人二年目の頃です。小さい頃から太っていた私ですが、一年かけてダイエットに成功。この時のダイエット方法は、なるべくお金をかけずをモットーに、食事の見直しや運動中心で頑張ったのですが、痩せて着たい服が着られる状況になり気持ちは一変。
痩せてからお洒落が楽しくなり、毎日仕事帰りにデパートへ寄って、その都度お買い物する日々になってしまいました。社会人とはいえ、薄給でしたので、あっという間に貯金も無くなり、今思えば、買い物依存症だったんだと思います。部屋中、一度位しか袖を通していない服だらけになって、こんなに服っているんだろうか?と、ハッと冷静になりました。
貯金も底をつき、給料日までまだ遠い。生活費もない状況になってしまって、困りました。ひとまず服を整理して、リサイクルショップへ売りに行きましたが、新作でもほとんどお金にならず。絶望的な気持ちになりました。
親に頼ろうかと迷いましたが、こんな馬鹿な理由でお金がないとは言えず。もちろん友達や彼氏にも言えません。
そんな時、テレビで消費者金融のCMが流れてました。キャッシングを知ったのもこの時です。詳しく知りたくなって、急いでネットで調べました。
はじめてのキャッシング。消費者金融からお金を借りるという事自体、不安はありました。でも、そうは言ってられない状況。勇気をもって申し込みをしてみました。
その後、本人確認の電話があったりと、電話でオペレーターの方とやり取りをしましたが、感じの良い応対でホッとしたのを覚えています。
すぐに審査が通り5万を借りる事に。キャッシングのおかげでなんとか耐え凌ぐ事も出来ました。お給料で即返済もしたので、安心です。計画的にお金を使わないとと、つくづく実感しました。

プロミスは増額してくれますか?

カードローンの利用は今回が初めてですが、やはり親にバレるのを心配していました。
ですが、カードが自動契約機で受け取れたので、いわゆる、親バレはありませんでした。
ただ、学生だったためか、希望する30万円が借りられず、限度額は10万円となっていました。
30万円の限度額がついたら、中古のバイクを買おうと思っていたので、少し残念です。
バイクはもう少し時間をかけて貯金をし、それで購入しようと思っています。

今すぐアコム増額で借り入れしましょう!

アルバイトでも審査落ち!

仕事をしていない専業主婦が利用しているので、自分でも利用できると甘く考えていました。
毎月3万円のアルバイト収入があるのですが、希望額20万円でもカード発行ができませんでした。
借りたお金はちゃんと返済するつもりでしたが、その気持ちが伝わらなかったのが原因なのだと思います。
「アルバイトなら大丈夫!」と思っている方でも、みずほ銀行カードローンの場合は、審査落ちする場合があるので、注意したほうが良いと思います。

プロミスの金利は油断できません。なぜ油断できないかというと、低そうに見えて高いからです。無担保で融資を受ける場合、担保があるより金利が高くなります。高くても法定金利ぐらいですが、実は金利としてはかなり高いです。収入に余裕のある方は心配ないと思いますが、収入が少なく自転車操業的に利用している場合は少し危険です。

初めての方は無利息ローンを利用できるので、小額の融資は問題ないと思います。小額でたくさん借りると、金利が高くなります。借りるなら、それなりの金額が良いです。それなりの金額なら、金利を節約できます。大口融資に近い金額になると、金利が低くなります。考えればわかりますが、高い金利は返済の妨げになります。プロミスは法定金利よりも低いですが、安心できる金利設定ではないと思います。ギリギリの収入でも利用できますが、リスクが高いと考える必要があります。プロミスは大手の中では、金利が低いほうだと思います。

お金借りるときには金利や利息についての知識が必要となってくるのですが、金利という言葉や利息という言葉、利率という言葉など、いろいろな言葉がありますから、これらの内容を把握しておくことが必要となってきます。
まず、利息というのは金額の事を指します。単位は円です。例えば、100万円借りたときに利息は1万円というように表現をするのです。そして、この利息の割合を示したのが利率、あるいは金利です。利率というのは、利息の割合を指します。100万円借りたときの利息が1万円なら、利率は1パーセントとなるのです。金利と利率はほぼ同じ意味で用いられるのですが、金利といった場合には、1年間に対する利率を指す場合が多いのです。例えば、金利が15パーセントで100万円を借りれば、1年後には15万円の利息を支払わなければなりません。半年で返せば利息は7万五千円となるのです。
お金借りるときには、まずこのような言葉を理解した上で比較していくことが必要となります。

レディースローンというものはご存知でしょうか。
その名の通り、女性専門のキャッシング会社です。

専業主婦に人気の消費者金融と?

レディースローンは審査基準が女性に合わせられて作られているので、他のキャッシング会社で審査に通りそうにない方でも、審査基準の緩くなったレディースローンは通る可能性が高いと言えます。
ですので、女性(主婦)の方がキャッシングをするのであれば、通常のキャッシングよりもレディースローンを利用した方がお得だと思います。

特におすすめしますキャッシング会社は、相武紗季さんが出演するテレビCMでお馴染みの『プロミス』です。
プロミスでは女性専用ダイヤルであるレディースコールというものがあり、女性スタッフが丁寧に受け付けてくれます。
30日間の無利息期間もり、安心・速い・便利をコンセプトにしています。

安心は、利息は利用日数分でけの返済で済む日数計算式なので、利息がわかりやすいところです。
速いでは、自動審査で最短1秒で回答してもらえ、24時間365日いつでも申し込みが可能です。
便利は、借り入れも返済も来店不要でコンビニやインターネットバンキングでも行えます。

このように利用者にとっては嬉しい仕組みになっており、たいへん便利なものとなっています。
レディースローンのご利用はぜひ『プロミス』をお選び下さい。

専業主婦でも借りれる消費者金融

一般に銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、

 消費者金融の方が簡単に利用できる

という印象を受けます。

しかし、申込む人によっては、消費者金融よりも銀行カードローンの方が適していることもありますので、必ずしも「消費者金融の方が簡単」とは言えません。

ここでは、専業主婦が消費者金融に申込む場合の問題点について説明します。


■総量規制と消費者金融の関係について

2010年の改正貸金業法の施行により、「総量規制」という制度が始まっています。

「総量規制」という言葉は聞いたことがある、という方もいるかもしれませんが、簡単に説明するなら、

 消費者金融が融資できるのは、年収の1/3まで

というものです。

たとえば、年収150万円のパート勤務の方なら「50万円」を上限に融資ができる、というものです。

しかし、専業主婦の場合は、家事や育児を頑張っていても「年収」がありませんので、消費者金融から借りるのは不可能ということになります。


■総量規制対象外であることが必要条件

ここで、「どこからも借りれないの~!」と思われるかもしれませんが、専業主婦が利用できるカードローンは、総量規制対象外のサービスの中にあります。

総量規制は、消費者金融や信販会社などを取り締まる法律にある仕組みで、銀行とは関係のないものです。

つまり、銀行カードローンなら、独自の審査基準で「年収の1/3」よりも多く融資をすることがある、ということになります。

しかし、銀行カードローンのすべてが専業主婦に融資しているわけではありませんので、

 専業主婦が利用できる銀行カードローン

を選ばないといけません。


■専業主婦が利用できる銀行カードローンとは?

専業主婦が利用できる銀行カードローンには、

 ・みずほ銀行カードローン
 ・三菱東京UFJ銀行 バンクイック

などがあります。

どちらも専業主婦の場合は、「限度額30万円」と制限されていますが、主婦に人気の高いカードローンになります。