お金借りるときには金利や利息についての知識が必要となってくるのですが、金利という言葉や利息という言葉、利率という言葉など、いろいろな言葉がありますから、これらの内容を把握しておくことが必要となってきます。
まず、利息というのは金額の事を指します。単位は円です。例えば、100万円借りたときに利息は1万円というように表現をするのです。そして、この利息の割合を示したのが利率、あるいは金利です。利率というのは、利息の割合を指します。100万円借りたときの利息が1万円なら、利率は1パーセントとなるのです。金利と利率はほぼ同じ意味で用いられるのですが、金利といった場合には、1年間に対する利率を指す場合が多いのです。例えば、金利が15パーセントで100万円を借りれば、1年後には15万円の利息を支払わなければなりません。半年で返せば利息は7万五千円となるのです。
お金借りるときには、まずこのような言葉を理解した上で比較していくことが必要となります。

レディースローンというものはご存知でしょうか。
その名の通り、女性専門のキャッシング会社です。

専業主婦に人気の消費者金融と?

レディースローンは審査基準が女性に合わせられて作られているので、他のキャッシング会社で審査に通りそうにない方でも、審査基準の緩くなったレディースローンは通る可能性が高いと言えます。
ですので、女性(主婦)の方がキャッシングをするのであれば、通常のキャッシングよりもレディースローンを利用した方がお得だと思います。

特におすすめしますキャッシング会社は、相武紗季さんが出演するテレビCMでお馴染みの『プロミス』です。
プロミスでは女性専用ダイヤルであるレディースコールというものがあり、女性スタッフが丁寧に受け付けてくれます。
30日間の無利息期間もり、安心・速い・便利をコンセプトにしています。

安心は、利息は利用日数分でけの返済で済む日数計算式なので、利息がわかりやすいところです。
速いでは、自動審査で最短1秒で回答してもらえ、24時間365日いつでも申し込みが可能です。
便利は、借り入れも返済も来店不要でコンビニやインターネットバンキングでも行えます。

このように利用者にとっては嬉しい仕組みになっており、たいへん便利なものとなっています。
レディースローンのご利用はぜひ『プロミス』をお選び下さい。

専業主婦でも借りれる消費者金融

一般に銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、

 消費者金融の方が簡単に利用できる

という印象を受けます。

しかし、申込む人によっては、消費者金融よりも銀行カードローンの方が適していることもありますので、必ずしも「消費者金融の方が簡単」とは言えません。

ここでは、専業主婦が消費者金融に申込む場合の問題点について説明します。


■総量規制と消費者金融の関係について

2010年の改正貸金業法の施行により、「総量規制」という制度が始まっています。

「総量規制」という言葉は聞いたことがある、という方もいるかもしれませんが、簡単に説明するなら、

 消費者金融が融資できるのは、年収の1/3まで

というものです。

たとえば、年収150万円のパート勤務の方なら「50万円」を上限に融資ができる、というものです。

しかし、専業主婦の場合は、家事や育児を頑張っていても「年収」がありませんので、消費者金融から借りるのは不可能ということになります。


■総量規制対象外であることが必要条件

ここで、「どこからも借りれないの~!」と思われるかもしれませんが、専業主婦が利用できるカードローンは、総量規制対象外のサービスの中にあります。

総量規制は、消費者金融や信販会社などを取り締まる法律にある仕組みで、銀行とは関係のないものです。

つまり、銀行カードローンなら、独自の審査基準で「年収の1/3」よりも多く融資をすることがある、ということになります。

しかし、銀行カードローンのすべてが専業主婦に融資しているわけではありませんので、

 専業主婦が利用できる銀行カードローン

を選ばないといけません。


■専業主婦が利用できる銀行カードローンとは?

専業主婦が利用できる銀行カードローンには、

 ・みずほ銀行カードローン
 ・三菱東京UFJ銀行 バンクイック

などがあります。

どちらも専業主婦の場合は、「限度額30万円」と制限されていますが、主婦に人気の高いカードローンになります。