専業主婦でも借りれる消費者金融

一般に銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、

 消費者金融の方が簡単に利用できる

という印象を受けます。

しかし、申込む人によっては、消費者金融よりも銀行カードローンの方が適していることもありますので、必ずしも「消費者金融の方が簡単」とは言えません。

ここでは、専業主婦が消費者金融に申込む場合の問題点について説明します。


■総量規制と消費者金融の関係について

2010年の改正貸金業法の施行により、「総量規制」という制度が始まっています。

「総量規制」という言葉は聞いたことがある、という方もいるかもしれませんが、簡単に説明するなら、

 消費者金融が融資できるのは、年収の1/3まで

というものです。

たとえば、年収150万円のパート勤務の方なら「50万円」を上限に融資ができる、というものです。

しかし、専業主婦の場合は、家事や育児を頑張っていても「年収」がありませんので、消費者金融から借りるのは不可能ということになります。


■総量規制対象外であることが必要条件

ここで、「どこからも借りれないの~!」と思われるかもしれませんが、専業主婦が利用できるカードローンは、総量規制対象外のサービスの中にあります。

総量規制は、消費者金融や信販会社などを取り締まる法律にある仕組みで、銀行とは関係のないものです。

つまり、銀行カードローンなら、独自の審査基準で「年収の1/3」よりも多く融資をすることがある、ということになります。

しかし、銀行カードローンのすべてが専業主婦に融資しているわけではありませんので、

 専業主婦が利用できる銀行カードローン

を選ばないといけません。


■専業主婦が利用できる銀行カードローンとは?

専業主婦が利用できる銀行カードローンには、

 ・みずほ銀行カードローン
 ・三菱東京UFJ銀行 バンクイック

などがあります。

どちらも専業主婦の場合は、「限度額30万円」と制限されていますが、主婦に人気の高いカードローンになります。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8